自分に合った産婦人科医院を選ぼう

助産院の特徴

助産院を選ぶメリット

助産院とは、助産師が開業している分娩施設のことで、妊婦検診や出産の補助を助産師が行います。
一番のメリットは出産前から出産後の育児相談まですべてのケアを助産師さんが行ってくれて、家庭的で相談しやすい雰囲気があることです。
また、分娩台ではなく布団や畳の上で出産することが多く、一番スムーズにいきめるスタイルで生むことができるのも人気の一つです。
その他施設によって様々ですが、様々なバースプランに対応してくれることが多く、自分の希望をかなえやすいと思います。
一例としては、海外で人気の水中出産ができる設備があったり、へその緒を旦那さんに切ってもらえたり、分娩時に自宅に助産師が出張してくれて家族全員で立会いすることができた、など産科医院では難しいこともかなえられるかもしれません。
特に自宅で出産できることは、上に兄弟がいる場合はすごく助かるシステムだと思います。

助産院を選ぶデメリット

助産院の大きな特徴の一つなのですが、基本的に助産院には医師が存在しませんので、医療行為を行うことができません。
そこで、施設の利用には厳しい健康管理や条件をクリアしなくてはいけません。
しかも正常な妊娠経過であっても、出産時には予期せぬトラブルが起こることも珍しくはありません。
そのため、助産院は緊急時に対応できるように病院と提携することが義務付けられています。とはいえ、搬送等が必要になってくるのでどうしても少し時間がかかってくるリスクはあります。
このデメリットを解消するために最近では、病院内に助産院を併設したり、検診などは助産院で行い分娩だけは病院の施設を借りて行うことができ、何かあったときはすぐに対応してもらうなどというシステムも誕生しています。
また、普段の検診は助産院で行えますが、医療行為にかかわる検査や検診などの時は病院にいかなくてはいけませんので、こちらも覚えておいてください。


この記事をシェアする