自分に合った産婦人科医院を選ぼう

産科・産婦人科専門の病院の特徴

産科・産婦人科専門の病院を選ぶメリット

産科・産婦人科専門病院は雰囲気やサービスを重視する人によく選ばれる施設です。
大きなメリットは医師やスタッフの対応がよくコミュニケーションが取りやすい場合が多く、妊娠・分娩時期を気分よく過ごせることです。
さらに分娩入院の際のサービスが手厚く、例えばホテルのようなきれいな個室、専門のシェフが作る豪華な病院食、エステサービスなど女性好みのものが用意されている場合が多くあります。
また、上にお子さんがいる場合などは家族も一緒に入院することに対応している病院などもあります。
病院によってサービスや分娩方針などが大きく変わりますが、下見などが出来る施設もありますので、事前に色々な事を確認して出産に備えることが出来るのも良い点だといえます。

産科・産婦人科専門の病院を選ぶデメリット

利点の多い産科・産婦人科専門病院ですが、その分デメリットもあります。
まず、分娩時に母体や赤ちゃんにトラブルがあった場合に、設備の整った周産期医療施設や総合病院に搬送されてしまう場合もありますので、搬送時間などのタイムロスがでてしまいます。
そのため、利用できる妊婦さんも健康体であること、高齢出産などの危険がないことなど制限があります。
バースプランに関しては病院ごとの特徴が強く、自分の希望するものとは合わない場合がありますので、施設が気に入っても希望通りにいかないこともあります。
また、総合病院などに比べてベッド数が少ないことが多いので、人気のある医院ではすぐに分娩予約が埋まってしまいます。特に里帰り出産や妊娠中の引越しを検討している場合は早めに決断をして分娩予約しなくてはいけません。
最後にサービスが充実している分、分娩入院時の費用が高額になってしまうことが多いのもデメリットの一つです。


この記事をシェアする