自分に合った産婦人科医院を選ぼう

条件をピックアップして自分に合った出産から産婦人科を選ぼう

大学病院・総合病院を選ぶメリット

総合病院や大学病院の一番の特徴は、産婦人科以外の診療科があるために、妊娠・分娩時の母体のトラブルに他の診療科も含めてすぐに対応してくれることです。
また、小児科やNICU(新生児集中治療室)を併設している病院が多く、出産後の赤ちゃんのトラブルにもすぐに対応してくれます。
その他、医療設備においても最新のものが充実していたり、ベッド数が多いので、妊娠中のトラブルにおける入院の対応や、分娩予約が取りづらいなどということが少ないのも魅力です。
高齢出産や持病や合併症のある人は、選択の余地もなくこちらの施設になることも多いと思いますが、母体や赤ちゃんの安全のためには安心材料が多い施設となります。
専門や個人病院に比べて過剰なサービスがない分、費用が安く済むことが多いのも大きなメリットと言えるでしょう。

大学病院・総合病院を選ぶデメリット

病院の規模が大きいので、待ち時間が長いことや担当医師が毎回変わること、基本的に診療時間が短いために希望する日時に予約が取れないことがよく言われています。
特に働いている女性やつわりの重い女性は不便を感じることが多いようです。
他にも特に大学病院でよくあるのですが、研修生や学生が分娩やその他の処置などに立ち会うケースがあり、落ち着いて分娩できないことや嫌悪感を感じる方もいるようです。
あとは、分娩時の入院の際に担当のスタッフが毎回変わるのでコミュニケーションがとれないことに対する不便や、個人病院に比べてサービスや食事に対する不満の声もよく聞きます。
医療中心の出産となることも多いので、最近の多種多様なバースプランに対応してくれない例もあると思いますので、事前の確認が必要です。


この記事をシェアする